愛犬、愛猫に馬肉がイイ?

ペットの手作りフードの材料やトッピングとしてよく登場するようになった馬肉。

なんとなく良さそう」とのイメージで使用されている人も多いと思います。

では何がペットにいいのでしょうか?

馬肉の効果と注意点

~馬肉の特徴~

低カロリーで高たんぱく

含まれる脂肪の60~65%が不飽和脂肪酸が占める

ミネラルが豊富

などの嬉しい特徴を持っています。それぞれ特徴について詳しく説明していきましょう。

低カロリーで高たんぱく

生肉のカロリー比較(/100g)

  • 馬肉(赤身)  110kcal
  • 鹿肉    90kcal
  • ラム肉   227kcal
  • 猪肉    268kcal
馬 肉 牛 肉 豚 肉 牛・豚と比較すると
カロリー (kcal) 110 229 202 カロリーは2分の1
脂質(g) 2.5 23.3 12.8 脂肪は10分の1~5分の1
たんぱく質(g) 20.1 18.4 18.9
鉄分(mg) 4.3 1.3 1.1 鉄分は牛肉や豚肉の3~4倍
カルシウム(mg) 11 5 5
リン(mg) 170 140 178
ビタミンB2(mg) 0.24 0.18 0.25

(100gあたり)

 

含まれる脂肪の60~65%が不飽和脂肪酸が占める

コレステロールを下げるリノール酸、リノレン酸をたっぷり含み、動脈硬化を防ぎ血管を丈夫にしてくれます。

馬肉は牛肉や豚肉に比べて、非常に脂肪が少ないのですが、その少ない脂肪の中身も、牛や豚にはほとんど含まれていない不飽和脂肪酸が60~65%も含まれています。
(オメガ6とオメガ3が、2:1~2:1.5のバランスで含まれています。)

馬肉の脂肪の質は魚に似ていて、なかなか摂取しにくい「オメガ3」が豊富に含まれているのです!
オメガ3は青魚に多く含まれるもので、動物の脂肪では珍しいものです。
(オメガ3脂肪酸とは、α-リノレン酸・DHA・EPAなど)

(同様に鹿肉にもDHA(ドコサヘキサエン酸)が豊富に含まれています。)

ミネラルが豊富

鉄、セレン、亜鉛、リン、銅、カリウム、マグネシウム、が豊富に含まれています。

 

セレンに注目!!
セレン
がん予防効果が期待されているミネラルです。
(動物実験でもセレン欠乏動物は発ガン率が高くなっている)

抗酸化作用があり、「活性酸素」から体を守り、老化防止に役立っています

 

細胞膜などにある不飽和脂肪酸は酸化されやすく、酸化すると有害な過酸化脂質になり細胞や組織を老化させます。
セレンはその過酸化脂質を分解する酵素の成分として働きます。

ヘム鉄に注目!!

ヘム鉄

鉄分は造血作用があり貧血を防ぐ働きがありますが、同じ鉄分でも植物性の非ヘム鉄より、動物性食品に含まれるヘム鉄の方が、鉄分の吸収率が数倍も高くなっています。ヘム鉄は魚介類などにも含まれています。
(馬肉に含まれる鉄分は、牛肉や豚肉の2倍以上です。)

 

 

馬肉を与える際の注意事項

  • ミネラル分が豊富なため、過剰に摂取すると結石のリスクがあります。
  • 馬にはサルコシスティス・フェアリーという寄生虫がいます。が、馬肉を-20℃で48時間以上冷凍処理することで防げるとされています。(※WON-P-SELETで取り扱っている馬肉はこの処理をきちんと行っています。)
  • 生肉は加熱すると酵素が分解される。(生で与えるのが好ましい)
  • 馬肉100%では栄養が偏る可能性もあり、足りない栄養分は他の食材で補う必要がある。

では与える量は?
体重だけで給与量を決めるのは難しいといえます。
年齢、種別、運動量などさまざまで、一概には決めにくいです。

また、馬肉100%の食事だけでは栄養が偏るので、他の食材も加える「手作り」になります。手作りに自信がないという方はまずはトッピングから始めてみてください。

馬肉のトッピングはフード全体の2割くらいまでを置き換えるのがオススメです。
ただし、ペットの健康状態、お腹の調子のチェックを行う必要があります。

少量ずつ与えるようにして、ペットの体が慣れるまで様子も見ながら進めるようにしましょう。
初めは少し加熱して慣らしてください。

 

 

ぜひこの機会に馬肉に挑戦してみてはいかがでしょうか?