鹿肉の鉛中毒にご注意❗

鉛中毒ってご存じですか?鉛は食物にもごく微量が含まれており、日常的に摂取されています。

鉛中毒(なまりちゅうどく、lead poisoning)とは、の摂取を原因とする中毒のことである。重金属中毒の一種に分類される。かつては鉛毒(えんどく)ともいったそうです。

自然由来の鉛では、急性の中毒症状を起こす量を摂取することは通常において考えにくいので心配し過ぎる事はありません。ですが鉛に汚染された食品の摂取や鉛含有塗料片を口から摂取した場合には鉛の排泄が追いつかず体内に蓄積され、健康に悪影響をおよぼします。

どこから体内に入るかは色んなルートがありますが、野生動物では主に鉛に汚染された水・土壌で育った動植物を食べたり、狩猟で使われる銃弾(散弾)が体内に残ったり、またその猟で死んでいる動物の肉を食べることで起こります。

北海道では鉛弾の所持は禁止されていますが現在でも使用している人も居ます。またそういった事を知らずに鉛弾で仕留められた野生肉をもらったり、販売したりしている場合もあります。

全ての店舗や猟師さんが鉛を使用しているわけではありません。

ぜひ購入や、お肉をいただく場合にはどうやって死んだものなのか、どう解体されたものなのか確認するようにしてみてください。

今回オオジロワシが鉛中毒で亡くなった。そしてその原因が恐らく鉛弾で仕留められた鹿肉を食べたことであるというニュースを目にし、ブログにしました。

鹿肉だけではありませんが、大切な家族のために少し考えてみませんか?

 

※WON-P-SELECTで取り扱っている鹿肉は罠を使用しているため、銃は使用していません。また専用の食肉処理場で食肉加工をしているので安全です。